ヘルニアって何?ヘルニアの3つの症状

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

ヘルニアって何?ヘルニアの3つの症状

急に腰痛になったら「ヘルニアだったらどうしよう・・・」と心配になる方は多いのではないでしょうか?

     

腰の痛みだけでなく、お尻や太ももまでも痛み、足に力が入らない・・・。

    

このような状態になっているのなら、ヘルニアの可能性は否定できません。

    

ヘルニアとは一体どのようになっているのか?

     

ヘルニアとは腰骨と腰骨の間にある椎間板が破損し、髄核という内容物が突出した状態のことを言います。

 

英語では「Herniated disc of lumber」と言い、破損により腰部椎間板から内容物(髄核)が突出した状態を意味します。

 

髄核は椎間板の構造上、脊髄神経に突出し神経を圧迫することによって腰だけでなく、腰から足に向かっての痛みを発生し、その神経が司る筋力の低下や麻痺も引き起こすのです

神経根が圧迫されることで、主体的に多い症状は3つあります。

 

 症状1 腰痛

 

腰の部分が痛み、特に腰を前に屈めることによって椎間板が圧迫され、髄核が更に神経根側に突出することで起こる症状です。

症状2 神経痛

好発部位である腰骨の4番と5番間でのヘルニアにより圧迫される神経根が坐骨神経であることから、この部位でのヘルニアがお尻から太ももの裏へと痛みを発生させる症状で、一般的に坐骨神経痛とも呼びます。

症状3 筋力低下

  

髄核が神経根を圧迫するとこにより、神経根が支配する筋力を低下させる症状です。
神経根の圧迫する度合によって筋力低下が深刻化し、麻痺を引き起こすこともあります。

以上のように、ヘルニアとは単純な腰痛だけでなく、神経痛や筋力の低下までも引き起こしてしまうことをご理解いただけましたでしょうか?

 

もし、このような症状でお困りでしたら当院にお気軽にご相談ください。

 

くすのき整体院

0120-402-714

http://www.kusunoki-aging.com