見落とされやすい腰痛の原因筋【腸腰筋】とは?

営業時間:月~金9:00~21:00 土9:00~17:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

見落とされやすい腰痛の原因筋【腸腰筋】とは?

西宮市くすのき整体院です。

いつも当院のブログをお読み頂きありがとうございます。

今回は見落とされやすい腰痛の原因筋【腸腰筋】についてご説明させていただきます。

腸腰筋とは?

骨盤の前面深層に存在し①大腰筋、②腸骨筋、③小腰筋の3つの筋肉で構成されます。特に、脚を付け根から振り出す動作が主な働きであり、走る動作で重要な役割を果たします。

骨盤の動きに重要な大腰筋

中でも大腰筋は特殊な筋肉で、股関節の屈曲だけでなく、伸展にも働く筋肉になります。強く脚を後方に蹴るような動作では胸を張って胸を張るような姿勢を作ることで、腰椎を伸展(前弯を増加)させ、同時に骨盤を前傾させる必要があり、この動きはまさに大腰筋の働きによるものです。

反り腰を防ぐ大腰筋の作用

もう一つ大腰筋の働きには真逆の作用があるのですが、それは腰椎前弯の減少効果です。通常は大腰筋が収縮すると腰椎は前弯します。しかし、骨盤が前傾しすぎると腰椎の位置が前方に出すぎてしまうため、反対に後方に押し戻すようなモーメントが発生します。若い女性などでは骨盤の前傾が強すぎる人も多いので、大腰筋を鍛えることでアライメントを矯正できる場合もあります。

腰痛を誘発するポイント

腸腰筋の腰痛を誘発するポイントはいくつか存在しており、①大腰筋の場合は起始部に、②腸骨筋の場合は起始部と鼡径靭帯の下部あたりに現れます。鼡径靭帯の下部は腸骨筋が折れ曲がって走行している部分であり、負担のかかりやすい場所ともいえます。 通常の腰痛がでるポイントは停止部の筋腱移行部に現れやすいのですが、腸腰筋の場合は姿勢を保持するため、負担のかかる起始部に出現しやすいのが特徴です。

腸腰筋が原因の腰痛にならない方法とは?

腰痛が出ないように腸腰筋を適度に鍛えましょう。その為にはウォーキングはゆっくり、歩幅を大きくし、同時に両腕をしっかり前後に振るように行います。両腕を振ることで骨盤の回旋運動が促されますので、大変有効です。そして、エスカレーターは使わずに大きな歩幅で確実に階段を上がるようにするのです。男性だと二段づつ上がるぐらいが丁度良いかもしれません。普段使っていない腸腰筋を鍛えるには非日常的な運動を取り入れることが必要です。

いかがだったでしょうか?今回は見落とされやすい腸腰筋についてご説明させて頂きました。もし、腸腰筋の動きを今まで意識していなかったのなら是非上記で解説した運動を行ってみてください。

それでも腰痛が改善しないのなら原因は腸腰筋に付着してちる腰骨の歪みなのかもしれません。もし、そのようなことでお困りでしたら当院のシンメトリー整体により自然治癒力を高めて腰骨の歪みを整えることで根本改善へのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。 西宮市 くすのき整体院