【膝の痛みを解決!】膝と坐骨神経の深い関係性

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

【膝の痛みを解決!】膝と坐骨神経の深い関係性

膝の関節が急に腫れだしたら膝に問題があると考えることが一般的ですが、膝を施術しても改善するとは限りません。

それは、骨、軟骨や靭帯などの膝関節自体に異常は無いのに、膝に水が溜まってしまっている状態の時は膝以外の原因だと考えて良いでしょう。

この場合、膝の水を抜くと一時的に膝は楽になりますが、数日後には症状が再発します。

そして、ヒアルロン酸の注入、内服薬、張り薬などを病院で勧められますが、それでは膝の状態が改善しないでしょう。

もし、このような症状が現れているのなら、その原因は膝では無い可能性が高いです。

では、どのような原因が考えられるのでしょうか?

それは、坐骨神経痛です。

坐骨神経痛は、坐骨神経になんらかの刺激が加わることで神経痛を発生するのですが、その殆どの原因が腰に関わります。

腰部には脊髄神経が走っており、骨や椎間板の変形により圧迫を受けることで、その分枝である神経根から坐骨神経に痛みを発生させます。

この坐骨神経は足先まで張り巡らされており、当然ながら膝部にも坐骨神経痛は走行していることから疼痛を発生するのです。

その為、膝を故障した記憶が無いにも関わらず膝に水が溜まりだした場合は坐骨神経痛の可能性を否定できません。

もし、坐骨神経痛が原因で膝が腫れているのなら施術は腰骨の歪みを改善させることが優先されます。

では、どのような施術が必要なのでしょうか?

前述しましたが、骨が椎間板の変形により圧迫を受けている状態を改善することが必要なのですが、自分でストレッチや体操をするにしても膝の痛みのある状態で行うと危険です。

そこで、オススメが腰の歪みに効果のあるツボを刺激する方法です。

これについては過去の記事「腰痛に効くツボはこれ!ツボで腰をラクにしよう!」で詳しく説明していますので是非読んでください。

人間の身体は本当に不思議で、身体に点在するツボを刺激することにより健康な状態に導くことが可能です。

是非、身体に備わる自己治癒力を使って健康な身体に戻ってください。

もしそれでも改善しないのなら、専門家による整体施術が必要となります。

そのような場合は、お気軽に当院にご相談ください。