今から実践できる!手軽に痺れを改善させる3つの方法

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

今から実践できる!手軽に痺れを改善させる3つの方法

「腰の痛みはなくなり、お尻から太ももにかけての痛みも緩和して、普通に歩けるようになったけど、足先の痺れが残っていて改善している感じが全くない。」

このような症状に陥る方は少なくはありません。

手の痺れ

腰痛からの痺れの原因は、腰骨の歪みやヘルニアによって脊髄が圧迫を受けておこります。
神経が圧迫されると神経痛を発生し、痺れ、麻痺などを発生します。

    

ヘルニアについてはヘルニアって何?ヘルニアの3つの症状をごらんください。

痺れってどうして起こるの?

 

例えば、正座を想像してみてください。
正座の姿勢は足の神経を圧迫している状態と同じです。

正座を長時間していると、先ずはふくらはぎから足先にまで痛みを感じ始めます。

ふくらはぎの痛みをを我慢していると痛みから痺れに変わってきますね。

       

更に時間が経つと痺れは治まり、次は感覚がなくなり、麻痺状態になります。

 痺れが良くなるまでに時間がかかる理由は? 

神経症状が悪化していく順番は

  1. 「痛み」
  2. 「痺れ」
  3. 「麻痺」

となります。

神経症状が良くなる順番も同じですから「痛み」が最初に回復していくのです。

 

しかし、「痺れ」はその後からとなり「麻痺」は更に時間を要します。

     

もしも、あなたが「痛みは取れたけど、痺れがまだ残っている」とお悩みなら、理由は神経の症状の特徴にあるということですね。

 

痺れを早く改善する方法

    

痺れを早く改善するにはどうしたら良いのでしょうか?
神経は筋肉が修復する時間の3倍を要すると言われますので、時間をかけるしかないのでしょうか?

     

神経はエネルギーを運んでくれる血管が筋肉に比べてと少ないんです。
その為、血の流れを良くすると神経にエネルギーがたくさん送り込まれるので修復サイクルが速くなります。

     

ですから、痺れを改善させるには「血の流れを良くする」ことが不可欠となるのです。

     

今回の記事では自分で手軽にできる痺れを改善させる3つの方法をご紹介します。

    

痺れを改善できるセルフケア3選

① 足湯

   

痺れのある場所を温めることで血管が拡張し、神経を栄養する血液の巡りを良くします。

    

お湯は電気ヒーターの様な乾燥した熱ではなく、水分を多く含んだ湿度の高い熱の為、身体の深部に熱をしっかりと伝えることができます。

 

血液は体の奥の方に多く流れているので、足湯で温めるのはとても効果的な方法です。

② 足先の体操

 

足先への血液循環を促すために、足先の体操を行います。

 

足先は身体の末端なので、動かすことによって足全体への血液循環が改善されます。

 

同時にふくらはぎの筋肉の体操にもなるので大変効率が良い方法です。

③ ヒラメ筋ストレッチ

 

足の痺れを訴える方に多くみられる共通点は足首の動きが悪くなって、硬くなっていることです。

 

1番の理由は、血液循環が少ない状態でいる為に筋肉の柔軟性が低下するです。
硬くなった筋肉が神経を圧迫するので、痺れと一緒に足首の動きが悪くっていきます。

 

これらのお悩みは硬くなっている「ヒラメ筋」のストレッチを行うと、改善していきます。

 

ヒラメ筋はふくらはぎの最も深部にあり、痺れの原因となる神経を包んでいる為、筋肉を柔らかくして神経への血行を促進させるヒラメ筋のストレッチは大変有効です。

 

 

今回は手軽に痺れを改善させる3つの方法をご紹介させて頂きました。

 

この方法は今からでも手軽にできますので、痺れでお悩みの方は是非実践してみてください。

 

前述しましたが、神経は筋肉の修復期間の3倍を要しますので、最低でも3週間は続けてください。

 

もし、それでも改善しないのであれば腰骨の歪みにより神経が圧迫を受けている状態が残っているのかもしれません。

 

そのような場合は、気軽に当院にご相談して下さい。