間欠性跛行が出現するのはどれなのか?

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

間欠性跛行が出現するのはどれなのか?

間欠性跛行とは、歩行時に下肢に痛みや痺れが出現することで継続的に歩くことが困難になる状態のことです。

 

この症状が出現したら、腰を前屈みにすることや、休息することで改善し、歩行ができるようになりますが、すぐに症状が再発することで歩行障害をきたします。

 

このような状態が続くと、バスに乗り遅れたり、横断歩道で立ち止まったり、集団について行けなくなったり、転倒しやすくなったりと様々な場面で困ることが増えるでしょう。

 

これを読んで下さっているあなたには心当たりはないでしょうか?

 

では、間欠性跛行が出現するのはどれなのか?

間欠性跛行の種類

 

間欠性跛行は、原因によってそれぞれ「神経性」と「血管性」に分けられることになります。

 

神経性の間欠性跛行

 

神経性は脊柱管狭窄症が原因で、歩行中に脊髄の末端に当たる神経や、神経の血管が断続的に圧迫されるためです。

血管が圧迫されて血流が止まれば、神経への血流が障害され、酸素や栄養が行き渡らなくなって神経の働きが低下します。

 

その結果、痛みやしびれが現れて足を動かせなくなるのです。

 

少し休むと再び歩けるようになるのは、そうすることで血流障害が解消され、再び神経に酸素や栄養が行き渡って神経の働きが回復するためです。

 

脊柱管狭窄症については「脊柱管狭窄症は手術が必要?それとも不要?」で詳細を記載しておりますので是非読んでみてください。

血管性の間欠性跛行

血管性は、閉塞性動脈硬化症を原因としています。

       

閉塞性動脈硬化症とは、足に生じる血管の動脈硬化により足の血流が悪くなる病気です。

               

症状としては、足に冷えを伴う痛みやしびれが現れ、次の段階で間欠性跛行が生じます。

                    

さらに病状が進むと、足の血流が完全に途絶え、かかとやくるぶしに潰瘍ができたり、壊疽(組織の一部が死ぬこと)を招いたりして、足の切断を余儀なくされる場合もあります。

 

間欠性跛行になった場合はその原因が「神経性」又は「血行性」なのかを識別することで施術方法が大きく変わるので重要となります。

 

症状による間欠性跛行の見分け方

以下の簡単にその原因がどちらなのかを識別する特徴を覚えておいてください。

「神経性」では痛みや痺れが足腰全体に現れ、前屈みで休めば症状が回復し、異常な感覚が現れやすいのが特徴です。

 

一方、「血管性」では、ふくらはぎから爪先にかけて痛みや痺れが現れ、立ち止まって休めば症状が回復します。

 

心当たりのあるあなたの場合はどちらでしょうか?

 

「神経性」であるのなら整形外科へ、「血管性」であるのなら循環器内科への受診をおすすめします。

 

そして、「神経性」である脊柱管狭窄症と診断またはその疑いがある場合は当院へお気軽にご相談ください。

 

くすのき整体院

0120-402-714

http://www.kusunki-aging.com