肩こりと背中のこり

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

肩こりと背中のこり

くすのき整体院です。

 

以前に楠院長より肩こりと首の関係を【徹底解説】肩こりとストレートネックの関係性という記事でご紹介いたしました。


肩こりの原因を探っていくと、肩では無く違う場所に原因がある場合も多いです。

 

今回の記事では、肩こりの原因として多く挙げられる背中でコリが生まれやすい筋肉についてご紹介いたします。

背中でこりやすい筋肉3選

背中にはたくさんの筋肉があって、それぞれ大切な役割を持っています。
たくさんある背中の筋肉でも特にこりやすい筋肉を紹介していきます。

1.脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

脊柱起立筋

腰から首にかけて繋がっている「脊柱起立筋」と呼ばれる筋肉の集まりは、背中の筋肉中最もコリやすく肩こりに繋がる筋肉です。

「脊柱起立筋」は体の中では小さな筋肉ですが繋がる範囲が広いため、コリが発生すると様々な場所に影響を及ぼします。

更に姿勢の保持は「脊柱起立筋」の大事な仕事です。
猫背や反り腰といった姿勢は「脊柱起立筋」に過度の負担をかけてしまうので、姿勢の悪さによってコリが生まれたり、強くなったりします。

 

2.広背筋(こうはいきん)

背中筋

人の体の筋肉で最大の面積を持つ「広背筋」。
肩甲骨を寄せたり引き下げたりと、その仕事は多彩な働き者の筋肉です。

たくさんの仕事をする頑張り屋な「広背筋」は面積が大きい分、一度疲れてしまうと回復に時間がかかります。

回復しきれずに疲労を溜め込んでしまうとコリが生まれ、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

3.菱形筋(りょうけいきん)

背中筋

背骨と肩甲骨を繋ぐ「菱形筋」の仕事は肩甲骨を固定することです。
肩甲骨の先には重たい腕があるので、小さな筋肉である「菱形筋」はどのような姿勢であっても力を発揮しています。

 

加えて、肩を動かす時にも使われるので、オーバーワークになりやすい筋肉です。

 

背中のコリを取る方法

背中のコリ解消

広背筋については、ストレッチなどでコリを取る事も可能です。

しかし、背中側の筋肉は動きや負担が意識しにくいという特徴があります。

 

この為、ストレッチを行っても中々伸ばしにくく、コリが解消しにくいという問題があります。

 

背中のコリを解消して肩こりの改善してみたいとお考えの方は、くすのき整体院へ一度ご相談ください。