肩こりさん必見|整体師が教える肩こりと頭痛が起こるワケ

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

肩こりさん必見|整体師が教える肩こりと頭痛が起こるワケ

くすのき整体院です。 いつもご来訪ありがとうございます。

肩こりにお悩みの方の多くは、頭痛にも悩まされていらっしゃいます。

 

肩がこるから頭痛が起こるのか、頭痛があるから肩がこるのか。
順番はそれぞれ個人差がありますが、共通している事が一つあります。

 

今回の記事では、肩こりと頭痛が同時の起こる、併発する原因を探っていきます。

 

一緒に起こりやすい肩こり・首こり・頭痛

 

肩こりと頭痛にお困りの方の共通点は、肩と頭を繋ぐ部分である首もこっていることです。

首こりについてお読みいただくまえに、肩こりで手が痺れるというお話を院長の楠先生が【手の痺れの原因】肩こりによる斜角筋症候群とは?で記事を執筆しています。

ご一読いただくと、肩こりと首の関係が解りやすくなると思いますので、参照してくださいね。

加えて【肩こり解消法】肩甲挙筋を的確にストレッチせよ!で解説があるように、肩こりの原因となる肩甲挙筋の事が解ると更にイメージしやすくなります。

肩甲挙筋のコリは隣り合う首を動かす筋肉にまで広がります。

肩こり|こっている状態についてご説明しますでお話しているように、コリが生まれると血管や神経を圧迫し痛みや痺れを生み出します。

生み出された痛みや痺れが、自覚症状としての肩こりになります。

肩甲挙筋に隣り合う首周辺の筋肉にコリが及ぶことで、肩コリと一緒に首こりも症状として出てくるようになります。

 

首こりが頭痛を引き起こす

首こり

 

首は体と頭を繋ぐ唯一の部分です。

首の中には脳に繋がる血管や神経、血圧や呼吸の状態を監視する細胞、体を休める時に必要な副交感神経など、様々な器官があります。

首の筋肉がこることで、これらの器官が圧迫を受けます。
圧迫の度合いによって自律神経症状(不眠・食欲不振・倦怠感)や、種々の頭痛が症状として発生します。

特に首の筋肉の緊張が強い頭痛を【緊張型頭痛】と言い、肩こりと併発して出てくる最も多い頭痛となります。

また首の筋肉は頭の筋肉や顔の筋肉とも関わるので、首こりは頭痛を引き起こしやすいという特徴もあります。

首こりに悩んだら

肩こり

 

肩こりや腰痛はストレッチで軽減も可能ですが、首は体の中でも割とデリケートな部分なので、過度なストレッチは避けた方が無難です。

間違ったストレッチや強いマッサージで首を刺激すると、神経や血管だけではなく、重要な器官も圧迫され不眠や倦怠感、目まいなどの自律神経症状が出てくる事もあります。

首こりや肩こりでお悩みなら、西宮市のくすのき整体院へご相談下さい。

西宮市 くすのき整体院