【肩こり解消法】肩甲挙筋を的確にストレッチせよ!

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

【肩こり解消法】肩甲挙筋を的確にストレッチせよ!

くすのき整体院の楠です。

肩こりになったら、闇雲にマッサージを受けることは逆効果なことだと前回の記事マッサージをしてはいけない理由でスタッフの三木先生が紹介しましたので一度読んでみて下さい。

 

そこで、的確に手っ取り早く肩こりを解消させることが可能となるストレッチ方法をご紹介いたします!

ストレッチ

その前に、ストレッチもマッサージと同じように闇雲に行っても逆効果なので、実際にどの筋肉が肩こりの主犯格なのかを理解していくことが必要です。

肩こりになる筋肉でまず考えられるのは僧帽筋です。

この筋肉は、後頭部から肩甲骨、そして背中にまで付いている大きな筋肉で、肩こりを感じる場所の殆どを覆っています。

しかし、実はこの筋肉は表層の筋肉で、肩こりの主犯格ではありません。

では、肩こりの主犯格となる筋肉はどれなのか?
それは、表層筋である僧帽筋よりも深い場所に存在する肩甲挙筋です。

ヨガ

この筋肉は、首の骨と肩甲骨の上部を繋げている筋肉ですが、深部に存在し、この筋肉が疲労してしまうと肩こりを感じてしまいます。

肩こりは強くマッサージされないと効かないのは、この肩甲挙筋が深部に存在するからなんです。

ストレッチ

しかし、強くマッサージされると表層の僧帽筋にダメージが残り、俗に言う「揉み返し」になってしまいます。

そこで、オススメなのが深層部の肩甲挙筋を的確に伸ばすことができるストレッチ法です。

楠が実際にご紹介してますので、是非チェックしてください。

いかがでしたでしょうか?
この方法なら、勉強やデスクワークをしていても手軽に行えますので簡単に実践して頂けます。

肩甲挙筋を的確にストレッチするには、実際に伸びている感覚を得ながら行うのがポイントです。

まずは、実践あるのみですので何度かトライして精度を上げて有効な方法にしてください。

もし、それでも改善しないのであれば肩こりが慢性化していることが考えらえます。

その場合は、背骨の歪みを改善すれば慢性的な肩こりが解消されますのでお気軽に当院にご相談ください。