股関節の痛みと重心の関係とは?

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

股関節の痛みと重心の関係とは?

西宮市くすのき整体院です。

いつもWebサイトにご来訪いただき、ありがとうございます。

重心とは何のことかご存知でしょうか。

 

簡単に言い表すと、体重の中心のことです。

 

この重心は身体の骨盤にある仙骨のやや前方にあります。

 

 

立った状態では、床から男性では身長の56%、女性では55%の高さになります。

 

女性の重心が男性よりもやや低いのは、骨盤の形状によるもので、男性の骨盤は細くて深く、女性の骨盤は広くて浅い形状になっているからです。

 

この重心の位置をご理解いただけますとイメージしやすいのが、股関節の位置です。

 

股関節は骨盤内の臼蓋という場所に、大腿骨の骨頭と連結することにより、股関節を形成しています。

 

よって、この重心が偏ることで直接的に影響を受けてしまうのが股関節です。

 

 

例えば、背骨や骨盤の歪みが原因で重心が右に偏っていたとします。

 

そうすると立っている状態では右側の股関節に通常より負担がかかります。

 

またその状態で歩いていると、右側の股関節周囲の筋肉が過剰に働くことによって痛みが出現するリスクが高まります。

 

このような状態は、痛んだ股関節を治療するだけでなく、重心の偏りを改善しなければ完治させることは不可能です。

 

そして、重心の偏りを起こしている原因が何かを特定し、的確な治療を行うことで重心が本来の位置に戻ることで股関節の痛みが解消されていくのです。

 

股関節の痛みがでないように、重心線が偏っていないか一度ご確認して頂くことをお勧めします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

西宮市 くすのき整体院