シニアの方は必読|股関節の痛みと坐骨神経痛の違い

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

シニアの方は必読|股関節の痛みと坐骨神経痛の違い

股関節が痛くて、いつの間にか歩くことが困難なご経験はありませんか?
股関節の痛みは、原因の特定が難しかったり、即効性のある治療が少ない為、治療期間が長くなったりします。

 

今回の記事では、同じように足に痛みが出る股関節の痛みと座骨神経痛について説明していきます。

 

 

股関節の痛みを伴う病気って何がある?

 

股関節に痛みが出て最初に疑うのは股関節の捻挫又は骨折なのです。
しかし、股関節を痛めた形跡が無い場合いは他の原因を探していかねばなりません。

 

股関節の捻挫や骨折以外で最も多い原因として考えられるのは、変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)と坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)です。

 

変形性股関節症とは、骨盤と太腿の骨を連結している股関節に変形が起こり、その原因は臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)と大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)です。
この2つの名前についてはこれから詳しく解説していきます。

 

股関節はふとももの骨と骨盤が接続して作られています。
骨盤側の接続する部分を専門用語で「臼蓋(きゅうがい)」と呼びます。

 

「臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)」とは、ふとももの骨である大腿骨を受け止める臼蓋の深さが生まれつき浅く、ふとももの骨を受け止め続けていくことが不可能となり、臼蓋が損傷、変形、移動していく疾患です。

 

 

大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)とは、ふとももの骨の端っこである大腿骨頭部(だいたいこっとうぶ)に栄養を送るための大腿骨頭動脈(だいたいこっとうどうみゃく)の働きが何らかの原因により停止し、大腿骨頭への血の流れが途絶えてしまい、腐ってしまう病気です。

 

壊死のプロセス

股関節の病気の治療法は?

治療法

臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)も大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)も、股関節への激痛を伴うことで機能障害を起こし、悪化してしまうと人工股関節置換術(じんこうかんせつちかんじゅつ)という手術が不可避となっていきます。

 

人工関節置換術とは、股関節を人工的な関節と置き換える手術です。
手術を受けると、かなりの確率で股関節の痛みから解放されますが、リハビリ期間や動きが制限されることなど、デメリットも多くあります。

 

股関節の状態が日常生活に困るほど悪化してしまうと、選択肢の1つになりますが、受けるときはドクターとしっかり打ち合わせをしたり、他のドクターの意見を聞いたりと慎重に決定してください。

 

座骨神経痛ってどんな状態?

座骨神経痛

一方、坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎すべり症などの腰骨や椎間板が異常な状態となることで坐骨神経が刺激され、腰だけで無く、脚全体に放散痛を生じる症状です。

 

この坐骨神経痛は、股関節痛だけでなく、膝関節、足関節へも痛みを生じることもあり、日常生活に影響を与えるケースもあるので、症状の重さによっては手術適応症となります。

 

 

まとめ

まとめ

股関節の痛みと座骨神経痛について解説してきました。
まとめると

 

  • 股関節の痛みには骨折、捻挫以外の原因がある
  • 変形性股関節症が原因になる事が多い。
  • 臼蓋形成不全、大腿骨頭壊死は重篤な疾患
  • 座骨神経痛は腰から足へかけて痛みが広がる
  • 原因は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などがある

 

となります。

 

私たちの考えとして、股関節に痛みがあるということは、臼蓋形成不全、大腿骨頭壊死、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの重篤な疾患に陥っている可能性もあるので、放置していくことはオススメしません。

 

痛みがあるからと痛み止めばかりを服用していても股関節痛の原因自体の改善は期待できません。

 

私たちは、これから高齢化社会に対してより健康的に自分の足で歩くことのできる状態である健康寿命を伸ばしていくことを目標としています。

 

その為には、皆さまに健康ということについて、今一度しっかりと考えていただけるように様々な情報をお伝えしていきたいと思っています。

 

私たちの情報発信の積み重ねにより、これからのシニア層がより元気になることが私たちの喜びでもあり願いです。