股関節が痛みを感じたら3つの症状を疑いましょう。

営業時間:月~金9:00~20:00 土9:00~18:00
定休日:日曜・祝日

0120-402-714

  • \ご予約・お問い合わせは今すぐ/
  • \24時間受付中/

股関節が痛みを感じたら3つの症状を疑いましょう。

「ここ最近、股関節が痛い。」

「股関節を捻った記憶も無いのに足を動かすと股関節がキリキリと痛む。」

「日に日に悪化していて、ここ数日は歩く時も痛くて変な歩き方になっている。」

このような経験したことはないでしょうか?

この状態になっていたらマッサージやストレッチでは改善しません。

その理由は、股関節に痛みが生じている原因にアプローチしていないからです。

原因がわからず、闇雲に股関節を刺激し続けていると更に状態を悪化させてしまいます。

何事にも「急がば回れ」です。

良い結果を早く得るには原因究明から始めるのが吉となります。

そこで股関節の痛みの原因として考えられるのを3つありますのでご紹介します。

臼蓋形成不全/変形性股関節症

臼蓋形成不全

臼蓋の構造が先天的に浅いので、大腿骨頭が臼蓋の中心に納まらず、臼蓋の辺縁部に移動し、押し上げ続けて臼蓋を変形していきます。

それにより股関節の動きが制限され、足全体の長さも変わってきます。

更に変形が進行していくと強い痛いを伴うので、円滑な歩行が不可能となってきます。

変形性股関節症

大腿骨頭部の変形と同時に臼蓋の軟骨組織である関節唇にも破損が生じ、股関節を変形させていきます。

それにより股関節の可動性が悪化し、脚長差が生じてきます。

疼痛も顕著になり、円滑な歩行が不可能となってきます。

脊柱管狭窄症

股関節自体には問題が無いのに、股関節を伸ばすことができません。

その理由は、股関節を伸展させることで骨盤は後傾し、腰椎が後弯するからです。

腰椎が後弯すると、脊柱管が狭窄されてしまうので脊髄神経が圧迫を受けると、足に張り巡らされた坐骨神経が刺激され、その通過点である股関節に痛みを生じるのです。

骨盤の歪み

骨盤の歪みは概ね誰でも多少はあります。

長時間座っていると足を組んだ方が楽ではないでしょうか?

しかし、許容範囲を超えてしまうと股関節に痛みを感じることがあります。

その理由は骨盤の歪みが許容範囲を超えてしまい、股関節に痛みを生じているからなんです。

では、どのような方の骨盤が歪みやすいのでしょうか?

妊娠中/産後の女性

 

お腹に赤ちゃんができると骨盤がゆっくりと時間をかけて開いていきます。

その状態が長期間続くので股関節にも影響が及び痛みを生じるのです。

特に妊娠中や出産後は、女性ホルモンの分泌が活発になっていますので、関節も柔らかくなっています。

その状態で、重くなった自分の身体を支えたり、授乳で無理な姿勢をとったりするので骨盤の歪みは戻りません。

療養で寝込んでいた

 

長期間に渡って寝床に入っていると腰が痛くなった経験はありませんか?

寝ていると身体は楽ですが、骨盤内の筋肉は殆ど使われていません。

骨盤内の筋肉は股関節に付いているので、急に動かすと股関節に痛みを発生します。

以上が、股関節の痛みを生じる3つの症状となります。

あなたのお役に立てれば幸いです。

股関節の痛みでお悩みでしたら当院にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

くすのき整体院 0120−402−714

股関節痛を解消されたお客様のお声