コルセットを使ってはいけない!|腰痛を治すにはコルセットは必要?

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

コルセットを使ってはいけない!|腰痛を治すにはコルセットは必要?

コルセットを使ってはいけない!|腰痛を治すにはコルセットは必要?

くすのき整体院です。 いつもWebサイトにご来訪ありがとうございます。

 

ギックリ腰や腰痛、腰がネックと考えられている方の多くが使用するコルセット。
骨盤を固定することで腰を安定させる為に使われますがありますが、実は腰痛を治すものでは無いということをご存知でしたでしょうか?

 

今回の記事ではコルセットを使うときに見落として欲しくないポイントをお伝えします。

 

 

コルセットの仕事

コルセット

コルセットは腰痛を治すわけではありません。
コルセットの本来の役割は腰や骨盤をぎゅっと締めることにより、腰を支える筋肉への負担を軽減することでサポートすることです。

 

コルセットによる骨盤や筋肉のサポートが必要なケースで代表的なのは、介護で入浴介助や移動介助などで腰に負担のかかる作業、長時間のドライブ、身体をかがめての風呂掃除や床拭きなど腰を曲げ続けた状態で行う時になります。

 

長時間腰を曲げた姿勢が必要な時にコルセットを使用すると腰周辺の筋肉をサポートしてくれるので、大変有効です。

 

コルセットが腰を壊すとき

コルセット悪化

コルセットは正しく使えば、腰痛に対してしっかりとした対策になります。
しかし、間違った使い方をすれば、腰を壊していくということを忘れないようにしてください。

 

前述した、コルセットを使うべきタイミング

 

  • 介護で入浴介助や移動介助などで腰に負担のかかる作業
  • 長時間のドライブ、
  • 体をかがめての風呂掃除や床拭き

 

といった腰を曲げ続けた状態の時以外でコルセットをずっと装着していると、腰を自ら支えなくなるので、筋力が低下してしまう可能性があります。

 

筋力が低下する最大の理由は、人の身体は徹底的に省エネ指向だからです。
動かない場所、動かさない場所の筋肉は驚くほど早く落とそうします。

 

コルセットを常に装着することは、本来骨盤を固定する筈の腰周辺の筋肉の仕事が減るということです。

そうなると半年もすると、筋肉の減少による腰痛症に悩まされることでしょう。

 

筋肉の炎症やコリ、歪みによる腰痛は治療が可能ですが、筋肉の減少が原因による腰痛は相当治りにくいので、筋力低下には充分注意してください。

 

意外と多いコルセット依存症

コルセット依存

常にコルセットを装着していると、コルセットがないと腰痛が再発するのではないかと不安になり、依存症に陥る可能性もあります。

 

個人差がありますが腰痛、特にぎっくり腰と呼ばれる急性腰痛症の痛みは凄まじい物があります。
初めてぎっくり腰をすると、多くに人が辛い思いをします。

 

それくらい強烈な痛みの経験から、コルセットさえすればぎっくり腰にならない、転じて予防の為に常にコルセットをしよう、となるのがコルセットへの依存症です。

 

依存症に陥ると、前述のような筋力低下を招く事になり、腰痛を更に悪化させる事になります。
コルセットや痛み止めは、あくまでも完治までの補助であり、完治させるのは身体が自分でしなければならない、という意識が大切です。

 

コルセットに頼らない毎日を

脱コルセット

コルセットに頼りっきりにならず、身体の持つ自然治癒力でを治して行くには、正しい姿勢がポイントとなってきます。

 

自分で正しい姿勢を意識していれば、腰を支える筋肉である腹横筋(ふくおうきん)・多裂筋(たれつきん)・骨盤底筋(こつばんていきん)・横隔膜(おうかくまく)の4つから構成される「コルセット筋」が強くなってきます。

 

 

コルセット筋とは別名インナーマッスルとも呼ばれます。
インナーマッスルに関しては猫背は肩こりや腰痛を発生するだけじゃない事実少し解説していますので、ご覧ください。

 

この「コルセット筋」を鍛えることで、腰を曲げ続けた状態で行う作業をコルセット無しで行うことができるようになることが理想です。

 

次第に、姿勢もキレイになり腰痛のことが頭から離れるくらいになれば気持ちももっと楽になりますよ。

 

まとめ

まとめ

コルセットの問題点について解説しました。
まとめると

 

  • 常用すると筋力低下を招く
  • 常用に際しては依存症を起こすことがある
  • コルセットに頼らない生活習慣を作る

という事になります。
コルセットは便利なアイテムですが、使い方を誤ると逆効果となります。

 

正しいポジションと使用方法をしっかり理解するようにしましょう。

西宮市 くすのき整体院