【これで納得!】肩コリや腰痛になってしまう人が多い理由

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

【これで納得!】肩コリや腰痛になってしまう人が多い理由

西宮市くすのき整体院です。
いつもWebサイトにご来訪いただき、ありがとうございます。

 

当院の患者様では肩コリと腰痛の訴えが最も多く、その他の痛みを凌いで1位と2位を独占しています。

 

腰痛や肩こりがここまで多い理由は、それぞれ体重を支えている場所なので、肩には、頭と腕の重さがかかっており、腰には更に胴体の重さが加わるので、コリや痛みが発生しやすいのです。

 

今回の記事では、肩こり腰痛になる人が何故多くなるのかを説明していきます。

 

 

肩にかかる重さは体重の26%!?

肩首

頭が全体重の10%、両腕は16%になるので、肩にかかる重さは全体重の26%になります。

 

肩コリとは首と肩と肩甲骨に全体重26%の重さがのしかかることで起こる筋肉の蓄積疲労です。

 

腰痛も同様に上半身の重さをほぼ全て受け止めることによる筋肉の疲労が原因で起こります。

 

肩を作る筋肉群や、腰を支える筋肉群は他の筋肉群と比較して面積や体積が多いため、コリや嫌みを感じやすくなるという特徴があります。

 

こりについては肩こり|こっている状態についてご説明しますでもご紹介していますので、是非ご覧下さい。

筋肉が疲労する仕組み

肩を支える筋肉

どのようにして筋肉に疲労が蓄積するのかをお話しします。

 

首は頚椎(けいつい)という7つの骨が頭を支えています。
余談ですが、頸椎は哺乳類であれば原則7つと決まっています。
キリンでも象でもハムスターでもチンチラでもハリネズミでも頸椎は7つしかありません。


肩甲骨は、鎖骨と連結し、肋骨の壁面にぶら下がっている状態です。
首と肩甲骨は主に、僧帽筋と肩甲挙筋によって吊り上げられています。

 

つまり、肩は頸椎(けいつい)から始まる僧帽筋(そうぼうきん)肩甲骨挙筋(けんこうきょきん)によってぶら下げられています。

 

誤解を恐れずに行ってしまえば、肩から腕にかけての重さを2種類の筋肉だけで引き上げているということになります。

 

その結果、じつに体重の26%もの重さを引き上げ続ける僧帽筋と肩甲挙筋は他の筋肉よりも疲労が蓄積され、肩こりや首の痛みが多発するというわけです。

 

ちなみに体重の26%というと中々想像出来ませんが、50kgの重さの人なら肩と首に13Kgの重さがかかっていることになります。

 

13kgのダンベルって肩と腕の筋肉だけで持ち上げるのは中々疲れますし、そんな重さの物が飛んできたら大けがをします。

 

それくらいの重さが両肩と首にかかっているとイメージして下さい。

 

腰痛が頻繁に起こる理由は?

腰痛が起こる理由

腰には首肩にかかる重さに加え、胸と腹部の重さ=上半身全ての重さが腰にのしかかります。
当然、腰を構成している腰椎やその周りの筋肉に負担がかかり、腰痛も多発します。

 

膝や股関節は1つの関節で構成されていますが、首から腰には24個の背骨があります。

 

膝や股関節は少しでもズレが生じると痛みを感じます。
しかし背骨の場合は1センチのズレを24個の背骨で補う形になります。

 

ですから、初期では痛みが無く、痛みが強く感じている時はかなりの変形が進んでいるということになります。

 

まとめ

まとめ

肩コリや腰痛を感じている段階では、既に姿勢に崩れが生じていたり、筋肉の疲労が蓄積している状態になります。

 

姿勢の歪みや筋肉の蓄積疲労によるコリは放置しておくと五十肩や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった重篤な病気に繋がっていきます。

 

同じ姿勢ばかりとっていないだろうか、日常的に運動不足に陥っていないだろうか、普段の自分を振り返ってみて、姿勢の崩れを防ぎましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
西宮市 くすのき整体院