サビつきは連鎖するもの

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

サビつきは連鎖するもの

今回は、体のサビつきは連鎖するものということをお話させていただきます。

体とは、つねに連動しています。心臓の異常が腕の疲れから起こっていたり、呼吸器の異常が腰からきていたりと、意外なところに原因が見つかることが多々あります。これらはサビつきが、ひとつの部位で終わらずほかの部位にもつぎつぎと連鎖するためです。たとえば、肺が動くたびにまわりの骨や筋肉が連動することにより、食べ物の消化や全身に血液をめぐらせる動きなど、眠っている時でさえ無意識にさまざまな生命活動をおこなっています。このように、つねに体は動いているのです。

さらにもうひとつ、全身の連動に欠かせないのが重力です。二足歩行をする人間の体は、背骨のSカーブや足首、土ふまずなど、多くのアーチを備えこれらの骨と周辺の筋肉が連動することで、体の重さや重力を受け流すようにつくられています。こうして体は、意識しなくても生命活動や重力により24時間使われているのです。

それがゆえに、どこか一箇所でもサビつくと、必ずほかの部位に負担がかかり、やがてそこも疲弊してサビつき、このサビつきが新たな負担を生み出し最終的に不調へとつながる連鎖が始まります。そこにいたるまで多くのサビつきを経由しているため、本当の原因をつかむのは難しく、どうしても患部のみに意識がいきがちです。

もしも不調があるのなら『今の自分の体を知る』ためにも1度専門院へ行かれてはいかがでしょうか。専門家であればこうしたサビつきの流れの起点を探り、根本から改善するためのお手伝いができることもありますよ。