【動画解説付き】パーキンソン病に対する整体の有効性

営業時間:月~金9:00~20:00 土9:00~18:00
定休日:日曜・祝日

0120-402-714

【動画解説付き】パーキンソン病に対する整体の有効性

西宮市くすのき整体院です。

いつも当院のブログをお読み頂だきありがとうございます。

今回は、パーキンソンに対して当院の整体の有効性についてお伝えしたいと思います。

それでは、パーキンソンで現れる4つの運動症状はどのようなものがありますでしょうか?

パーキンソンで現れる4つの運動症状

手足のふるえ

これは体の力を抜いた状態になると手足がふるえます。動きを始めるとふるえは止まります。

 

動きが遅くなる

動作が非常にゆっくり、小さくなります。特に文字が書きにくくなるのが特徴です。

 

筋肉のこわばり

腕や足、体幹の筋肉がこわばることで動きの円滑性が失われます。

 

姿勢が保てない

体のバランスが不安定になり転倒しやすくなります。

 

以上の運動症状は脳内にある黒質という神経細胞の減少により、ドーパミンの分泌量が減ってしまうことで脳内の運動をコントロールするネットワークが乱れてしまうのが原因です。

シンメトリー整体には運動症状を抑える効果がある

シンメトリー整体は身体の歪みを整えることで自律神経を調整するので、不随意的(無意識)な動きを抑えることに効果を発揮します。

それは、自律神経というのは体のほぼすべての器官の活動を調整するために、自分の意思とは無関係に働き続ける神経だからです。

パーキンソンでは、その自律神経の働きを悪くするために、上記で表した4つの運動症状を起こしていると考えられるからです。

最後までお読みいただきありがとうございました。 西宮市 くすのき整体院

動画解説