脊柱管狭窄症でお困りの方

営業時間:月~金9:00~20:00 土9:00~18:00
定休日:日曜・祝日

0120-402-714

脊柱管狭窄症でお困りの方

  • お尻から足が痛む
  •  
  • 寝たら足全体が痛む
  •  
  • 痛みで長く歩けない

当院の3つの強み

脊柱管狭窄症の施術実績多数

脊柱管狭窄症に特化した整体施術を提供

脊柱管狭窄症の原因から根本改善

過剰な刺激を与えずに歪んだ腰骨を整える

再発しない状態にまで改善させる

手術をしなくてもよくなったとお喜びのお声多数

お客様の声

来るたびに驚くほどよくなりました。今では痛みもなくなりました。

橋田様(80代 女性)
くすのき:今回はどのような症状でご来院されましたか?
橋田様:腰から足にかけて痛む。特に歩いている時と、立ち上がる時と、階段をのぼる時。
くすのき:当院の治療を受けた後の感想を率直に教えてください。
橋田様:来るたびに驚くほどよくなりました。今では痛みもなくなりました。
くすのき:どのような方に当院のご利用をお勧めしますか?
橋田様:足の痛みが辛くて歩けなくなる方

脊柱管狭窄症を克服した85歳患者様インタビュー

【ビフォーアフター動画】手術を宣告された脊柱管狭窄症の70代男性

【インタビュー動画】初回施術を受けてどう改善したか?

当院は本気で脊柱管狭窄症を改善したい方に全力で向き合います。

くすのき整体院のホームページをご覧になって頂きありがとうございます。 院長の楠英一郎と申します。

当院は手術を宣告された脊柱管狭窄症、そして手術をしても改善しなかった脊柱管狭窄症に特化した整体院です。

腰の痛みだけでなく、足への痺れや麻痺で歩行も困難になっている方々が、藁にも縋る想いでお越し頂いております。

では、なぜ当院はそのような状態を改善することができるのでしょうか?

その理由は、自己治癒力により腰骨が自然に整う整体を行っているからです。

整体というと一般的に、骨をボキボキしたり、痛みのある場所をグイグイ押したりする手法をイメージされるかもしれませんが、それらとは全く異なります。

当院で行っている手法は根本から改善させる完全無痛の整体です。

とても繊細で精密な整体法により、活動を停止していた自己治癒力を目覚めさせ、回復力が発揮されることで、腰骨の歪みが改善されていきます。

私は20年以上、10万人以上の施術をさせて頂き、今まで多くの失敗をしてきました。

それは症状のある場所しか施術を行わない対症療法ばかりを行っていたからです。

それは「木を見て森を見ず」だったからです。これでは根本の改善は出来ないと痛感しました。

それからは目の前の現象ばかりに因われず、その原因から改善させるシンメトリー整体を行うようになりました。

それから私の整体師人生が一変し、今まで改善できなかった症状も根本改善することができるようになりました。

そして、お困りだった方々が改善し、喜んで頂く度に私はこの仕事を続けてきて本当に良かったと感動を味わさせて頂いております。

もし、あなたが本当にお困りで、その辛さから早く開放されたいと想いでしたら是非当院にご連絡ください。

私は本気であなたに向き合います。

本当に辛い脊柱管狭窄症改善プラン

脊柱管狭窄症でお困りの方に特別なプランをご用意しております。 初回限定となっておりますのでご了承ください。

初回限定お試しプラン

通常 初回 8,000円

 

初回限定お試しプラン 初回通常8,000円→ HP限定価格3,000円(62%OFF) ※2回目以降は、1回6,000円となります。※すべて税別表記です。
  • 施術時間…60分(初回検査時間含む)

当院のご紹介をご覧ください

当院の施術をご覧ください

脊柱管狭窄症には二つのタイプがあることをご存知ですか?

馬尾型障害

これは、お尻や足への違和感や脱力感、そして膀胱直腸障害があります。

痛み自体は強く無いのですが、上記の症状を放置していても自然に緩和することはありません。

その為、薬を飲み続けながらブロック注射を受けることになり、それでも症状の緩和が無ければ外科的な手術が適用されます。

痛みが無いからと対策が遅くなると重症化してしまうので、早期に対策をとることが必要です。

この馬尾型障害は後縦靭帯の肥厚により脊髄神経が直接圧迫されて起こります。

神経根型障害

これは、足の痛みが強いのですが、馬尾型よりも症状の緩和が期待されます。

その為、外科的な手術には至らないことが多く、保存的な療法により症状の緩和を推奨されます。

痛みが強い為、比較的に早期対策により症状の緩和につながるとも思えます。

この神経根障害型は椎間関節の肥厚により神経根が圧迫を受けて起こります。

脊柱管狭窄症に似ている慢性下肢動脈閉塞症

慢性下肢動脈閉塞症は脊柱管狭窄症と似た症状である間欠性跛行を呈する為、しばしば間違われることがあります。

症状が似ていても対策法は異なるので、症状が深刻化しないように鑑別には注意が必要です。

神経根型障害の脊柱管狭窄症には自然治癒力による無痛整体が効果的

神経根型の脊柱管狭窄症の原因は椎間関節の肥厚です。

これは、腰骨の歪みから徐々に腰骨である椎骨が変形から肥厚する結果、神経根を圧迫して起こります。

その為、足への痛みを感じたら早期に腰骨の歪みを整えることが得策です。

当院の整体法、シンメトリー整体を説明します

当院が神の手を持つ治療院として本に紹介されました