【手の痺れの原因】肩こりによる斜角筋症候群とは?

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

【手の痺れの原因】肩こりによる斜角筋症候群とは?

手の痺れでお悩みの方に知って頂きたいのですが、肩こりが原因で手の痺れが起こることをご存知ですか?

 

肩こりになる筋肉は、後頭骨、頚椎、肩甲骨などに付着し、頭部から肩甲骨までの関節運動を行います。

 

それらを広範囲で覆っている筋肉が僧帽筋ですが、肩こりを発生させる主犯格の筋肉は深層筋である肩甲挙筋だということを以前の記事「肩甲挙筋を的確にストレッチせよ!」でご紹介させて頂きました。

手の痺れ

この肩甲挙筋が疲労や血行不良などに陥ると、肩甲骨を後頭骨へ引き上げる動きができなくなります。

肩こり

その結果、首全体の動きが制限され、前方にある斜角筋群と鎖骨で織りなす隙間が狭くなり、手先に痺れや感覚異常を起こす斜角筋症候群になるのです。

 

斜角筋症候群が手先に痺れが発生する理由は、斜角筋が過緊張を起こすことで斜角筋間隙を走行している鎖骨下動脈と腕神経叢が圧迫されるからです。

首とヘルニア

手の痺れの原因で脳血管障害や頚部椎間板ヘルニアを疑うケースもありますが、肩こりを感じている場合は斜角筋症候群の可能性が高いので、先ずは斜角筋の緊張を解消することを念頭に、肩こりを改善することをお勧めします。

 

もし、斜角筋症候群の解消を的確に行いたいのでしたら当院にお気軽にご相談ください。

 

くすのき整体院

北院 0798-31-0099

南院 0798-32-6668

http://www.kusunoki-aging.com