肩こり特有の姿勢「頭部前方突出位」とは?

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

肩こり特有の姿勢「頭部前方突出位」とは?

西宮市くすのき整体院です。

 

いつもWebサイトにご来訪いただき、ありがとうございます。

 

昨今の国民生活基礎調査結果によると、痛みとしての訴えで、肩こりは女性で1位、男性で2位(男性で1位は腰痛)となったことから、多くの方が肩こりで悩んでいることが明らかになりました。

 

 

肩こりには、あまり知らせていないのですが、原因不明の「本態性肩こり」と、原因明確な「症候性肩こり」があります。

 

「本態性肩こり」は、過労や不良姿勢、運動不足などが影響されると思われ、頚部から肩にかけての筋疲労や緊張感、鈍痛などの症状が現れます。

 

「症候性肩こり」は、頚椎(首の骨)疾患や肩関節疾患などの整形外科領域から、消化器疾患の内科領域、眼精疲労などの眼科領域といった具合に、さまざまな疾患から発生します。

 

最近では、肩こりの原因となる姿勢として注目されているのが、頭部が前方に下がり、頚椎全体の弯曲が消失することでストレートネックとなる「頭部前方突出位」と呼ばれる姿勢です。

 

 

 

この姿勢では、筋力低下を起こしやすい筋肉と、過緊張状態になりやすい筋肉があるとされています。

 

筋力低下を起こしやすい筋肉には、頚部の深層(深い部分)にある椎前筋、僧帽筋下部、菱形筋などがあり、過緊張状態になる筋には、後頭下筋群、僧帽筋上部、肩甲挙筋、小胸筋などがあるとされています。

 

この過緊張状態になる筋が、いわゆる「肩こり」で慢性的な鈍痛や筋疲労が出現しやすい筋です。

 

そして、肩甲骨も外転し、背中が丸くなることで猫背になります。

(まとめ)

・現在、男女ともに国民の大多数が肩こりに悩んでいる

・肩こり特有の姿勢として「頭部前方突出位」がある

・この姿勢で筋肉が過緊張状態になってしまい肩こり症状となる

 

肩こりを未然に予防するには、「頭部前方突出位」にならないように、日常的に自分の姿勢を鏡でチェックし、筋肉が過緊張状態にならないように首や肩のストレッチなどを定期的に行うことをおすすめします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

西宮市 くすのき整体院