【動画解説付き】脊柱管狭窄症には二つのタイプがあった

営業時間:月~金9:00~20:00 土9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

【動画解説付き】脊柱管狭窄症には二つのタイプがあった

西宮市くすのき整体院です。

いつも当院のブログをお読み頂だきありがとうございます。

さて今回は、脊柱管狭窄症には大きく分けて二つのタイプがあるのでご説明させて頂きたいと思います。

 

二つの脊柱管狭窄症

馬尾型障害

これは、お尻や足への違和感や脱力感、そして膀胱直腸障害があります。

痛み自体は強く無いのですが、上記の症状を放置していても自然に緩和することはありません。

その為、薬を飲み続けながらブロック注射を受けることになり、それでも症状の緩和が無ければ外科的な手術が適用されます。

痛みが無いからと対策が遅くなると重症化してしまうので、早期に対策をとることが必要です。

この馬尾型障害は後縦靭帯の肥厚により脊髄神経が直接圧迫されて起こります。

神経根型障害

これは、足の痛みが強いのですが、馬尾型よりも症状の緩和が期待されます。

その為、外科的な手術には至らないことが多く、保存的な療法により症状の緩和を推奨されます。

痛みが強い為、比較的に早期対策により症状の緩和につながるとも思えます。

この神経根障害型は椎間関節の肥厚により神経根が圧迫を受けて起こります。

脊柱管狭窄症に似ている慢性下肢動脈閉塞症

慢性下肢動脈閉塞症は脊柱管狭窄症と似た症状である間欠性跛行を呈する為、しばしば間違われることがあります。

症状が似ていても対策法は異なるので、症状が深刻化しないように鑑別には注意が必要です。

神経根型障害の脊柱管狭窄症にはシンメトリー整体が効果的

神経根型の脊柱管狭窄症の原因は椎間関節の肥厚です。

これは、腰骨の歪みから徐々に腰骨である椎骨が変形から肥厚する結果、神経根を圧迫して起こります。

その為、足への痛みを感じたら早期に腰骨の歪みを整えることが得策です。

こで、当院のシンメトリー整体をお受けすることをおすすめします。

これは、腰骨の歪みを軽い刺激により整えることで足への症状を緩和させる整体法です。

これににより自然治癒力を高めて根本改善へのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。 西宮市 くすのき整体院

動画解説