【必見!】腰痛にならない為の3つのチェックポイント

営業時間:月~金9:00~19:00 土9:00~14:00 定休日:日曜・祝日

0120-402-714

【必見!】腰痛にならない為の3つのチェックポイント

一度、ギックリ腰を経験してから、その後も腰の重苦しさや痛みを多少なりとも感じている方は意外にも多いようです。

「あ、それ私だ!」と、心当たりがあるのではないでしょうか?

 

しかし、その痛みが一時的に退くと「治った」とうい認識になるのは当然ですよね。

 

私も分かります。。。

 

それは、痛みの無い状態が「治った」という基準にしか一般的に知られていないからです。

 

しかし、痛みを感じている状態というのは、既に筋肉に炎症や、椎間板損傷の可能性もあります。

 

そうならない為にも、痛みが現れるまで何も予防を行なわないのは、本来の健康な状態からかけ離れてしまいます。

 

ここで必要なのは「治った」という基準がどのような状態なのかを知り、そうで無いのならしっかりと「治った」状態になることです。

 

そこで、本来の「治った」状態がどのようなのかを簡単に自分でチェックできる3つ基準をご紹介させていただきます。

<基準①>

 

正座をした状態で、太もも、膝、足首に突っ張り感が無いかを確認します。

 

もともと、膝の変形や人工関節になっている場合はこの基準は当てはまりませんが、正常の場合はこの基準は外せません。

 

もし、正座をして上記の何れかの場所に突っ張り感などがありますと、腰骨や骨盤に歪みが存在していることになります。

<基準点②>

 

正座をした状態で(椅子に座った状態も可)、両腕を伸ばし、身体の正面方向で左右の手をゆっくりと合わせます。

 

その際に、両手先がピッタリと合っていた場合は問題ありません。

 

しかし、そうで無い場合は背骨に歪みが存在している結果、左右の肩甲骨の位置が不均等になっていることがわかります。

 

<基準点③>

 

正座をした状態で(椅子に座った状態も可)、ゆっくりと首や腰を左右に捻じりきってみて下さい。

 

左右どちらかに向きにくかったり、首、背中や腰に突っ張り感を感じているのなら背骨や骨盤に歪みが存在していることが分かります。

ストレッチ

 

<まとめ>

 

以上の基準点を全てクリアできたら、あなたの身体は歪みの無い健康な状態だということになります。

 

しかし、もし以上の基準点で一つでも問題がある場合は、歪みが存在しているが痛みはまだ現れていませんので、予防として整体施術を受ける事をオススメします。

 

全ての基準点に問題がある場合は、既に痛みを感じている状態でしょう。

 

そのような場合は、状態が更に深刻化しないように早期に整体施術を受けることを強くオススメします。

 

なるべく早く身体の歪みを改善し、痛みの無い快適な状態を取り戻してください。

 

もし、あなたが身体の歪みを改善したいと思われるなら当院のフェザータッチ無痛整体を受けることをオススメします。